新電力に切り替え3年で11,286,200件になりました


新電力PPSポータルサイトTOP新電力(PPS)最新情報 > 新電力に切り替え3年で11,286,200件以上になりました

■新電力に切り替え3年で11,286,200件になりました

電力小売全面自由化が始まって3年が過ぎました。 4月9日に電力広域的運営推進機関が発表したスイッチング支援システムの利用状況によると、 既存の大手電力会社から新電力に切り替えが全面自由化後この3年で11,286,200件になりました。

最も新電力に切り替えられた電力会社は東京電力パワーグリッド株式会社(旧東京電力)の5,588,800件で、 2位の関西電力では2,296,600件、3位の中部電力は1,133,100件と順位は1年前と同じですが、中部電力は100万件を超えました。 全面自由化から2年後では全国累計709万件でしたので、この1年間の切替数は420万件ほどの伸びを示しています。 地区ごとの伸び率では、もともと少なかった沖縄電力が66倍となっています。 以下2019年3月31日時点の全国のスイッチング状況(2016年3月からの累計)となります。

エリアスイッチング数
北海道電力株式会社507,300
東北電力株式会社503,500
東京電力パワーグリッド株式会社5,588,800
中部電力株式会社1,133,100
北陸電力株式会社71,100
関西電力株式会社2,296,600
中国電力株式会社241,900
四国電力株式会社177,300
九州電力株式会社760,000
沖縄電力株式会社6,600
合計11,286,200
(この記事の最終更新日:2019年4月11日)

参考:スイッチング支援システムの利用状況について 2019年3月31日時点(電力広域的運営推進機関)

最新情報ページTOP


新電力会社(PPS)