新電力(PPS)の電力供給のバックアップについて|新電力PPSポータルサイト


新電力PPSポータルサイトTOP新電力会社(PPS)と契約するには > 新電力(PPS)の電力供給のバックアップについて

■新電力(PPS)の電力供給のバックアップについて

新電力で供給できる電力は、東京電力などの一般電気事業者に比べるとまだまだ少なく、 これから新電力と契約を検討している需要家にとっては、 安定して供給できるのだろうかという心配があるかも知れません。 いくら電力料金が安くても、時々停電したりするのでは困ります。

新電力と契約してもこのような心配がないように、安定して電力供給ができるような仕組みがあります。 まずは送電線ですが、新電力と契約しても基本的には送電線が変更になる事はありません。 現在の送電線を使って新電力から電力が供給されます。 また、発電設備のトラブルなどで一時的に新電力での電力供給ができない状態の場合に備えて、 新電力会社は一般電気事業者などから電力を融通してもらう常時バックアップの契約のシステムがあります。 これにより、もし新電力が電力を供給できない場合が生じても停電になることなく電力が供給されるような仕組みになっています。

参考)部分供給、常時バックアップ、系統情報公開(電力システム改革専門委員会資料)
参考)適正な電力取引についての指針(2011年9月5日改定版:公正取引委員会・経済産業省)


新電力会社(PPS)